So-net無料ブログ作成

登山速報! 2年ぶりに中央アルプス、木曽駒へ。但し今回はピークを踏まない山歩きでした。 [速報!]

本当に久しぶりでした。かれこれ2年ぶりになるでしょうか。 今回は2年ぶりに中央アルプスの主峰、木曽駒ヶ岳に行ってきました。
元々、ここ最近お付き合いさせていただいている滋賀のお友達が、7月の3~5日にお休みをとっていて、3、4と南アルプスに行く計画を立てておられ、私が5日の日が休みでしたので、5日に合流してどこかに登ろうということになりました。ならば、手っ取り早く登れる木曽駒辺りがいいのではないかということで、木曽駒に集結。

DSC_1005.JPG

乗越浄土から中岳、そして駒ケ岳山頂へのルートは何度も登っているので、2年前に登った極楽平から三ノ沢岳への計画を提案。お二人ともこちら側はまだ一度も足を踏み入れていないとのことで、即決定。
あとは天候の問題ですね。
7月に入り、西日本、特に九州地方が壊滅的な豪雨に見舞われていたので、ちょっと心配。お友達も残念ながら南アルプス山行は中止に。
天気予報によると5日だけなんとか雨は降らないとのことで、天気予報を信じて現地に向かうことにしました。

さて、結果は如何に…


-----------------------------------------


木曽駒ヶ岳の麓、駒ヶ根は菅の台BCに向かう途中、雨がぱらついたり、恵那山が雲に完全に覆われて観えなかったり、恵那山トンネル抜けてから周りまで真っ白で景色が何も見えなかったり…不安いっぱいの道中。
おまけに菅の台BCに到着したら、「雨の影響でロープウェイの運行は現在見合わせ」の看板が立てかけてあったり…(涙)。
暫く待ってなんとかロープウェイも動き出し、千畳敷カールに到着したら…。

DSC_0801.JPG

真っ白でなにも見えません…(TOT)。

しかし、6月に菅の台BCからのバスとロープウェイの運賃、値上げされたのは知ってるけど、金額までは把握してなかった! なんと往復4,310円Σ(・ω・ノ)ノ!
しかも駐車場も800円に値上がってるし…
ちょっときついなぁ・・・

DSC_0825.JPG

身体を高度順応させて、いよいよ極楽平に向かいます。今日はこんな天気だし、残雪の状況もあるので稜線まで上がった状況で三ノ沢岳のピストンを決断しということにしました。
取り付いて歩を進めながら振り返ってみると、千畳敷ホテルの向こう側がガスに包まれています。
こりゃ上も真っ白かな…

DSC_0832.JPG

横に見える千畳敷カール、まだ雪残ってますねぇ。

DSC_0833.JPG

我々が登っている極楽平へのルートも結構な雪がまだ残っていました。

DSC_0838.JPG

稜線に上がる直前にも雪渓が。

DSC_0838-1 (2).JPG

雪渓を滑らないようトラバース。神経使いますね(苦笑)。

DSC_0844.JPG

極楽平の稜線上に到着。しかしこの残雪と何も見えない眺望…。

DSC_0848.JPG

三ノ沢岳へと続く稜線を見てましたが、やはりガスが立ち込めていて、三ノ沢岳が見えません(苦笑)。協議した結果、不安定な天候と残雪の状況を考え、本日の三ノ沢岳登攀は中止に。この稜線でまったりすることにしました。
まぁ、こういうこともありますよね。

極楽平から空木岳方面に進み、島田娘へ、そのあと来た道を戻り、サギタルの頭と三ノ沢分岐周辺を散策することにしましたが、これがまた当たりで、メチャクチャ楽しい山歩きになりました。

DSC_0818.JPG

DSC_0892.JPG

DSC_0901.JPG

DSC_0874.JPG

DSC_0908.JPG

稜線には満開ではないものの、夏の可憐な高山植物が徐々に咲き始めていて、楽しませてくれましたし、

DSC_0884.JPG

DSC_0898.JPG

DSC_0982.JPG

時折途切れた雲の間から絶景も堪能できました。
ピークを踏まない山歩きでしたが、主峰木曽駒のルートに比べ人も少なく、静かでしたし、中々楽しい貴重な山歩き体験をしました。
三ノ沢岳には行けませんでしたが、それはまた次の機会に。ということで(笑)。

この模様は後ほど詳しくご紹介したいと思います。ご期待ください。

-----------------------------------------




前回の三ノ沢岳登攀の記事はコチラ

三ノ沢岳(さんのさわだけ)・・・木曽山脈(中央アルプス)の主稜線上にある宝剣岳から南西方向に延びた尾根上にある標高2,847mの山で、山体すべてが長野県に属し、木曽郡上松町と大桑村に跨っています。木曽駒ヶ岳や宝剣岳などから、端正な三角錐のその美しい山容を眺めることができます。
木曽川の支流の滑川及び伊奈川に挟まれた稜線上の山で、それぞれの川の支流、三ノ沢の源流となっていて、その三ノ沢の源頭部の山であることが山名の由来だそうです。山頂には三等三角点(点名「三ノ沢」)があり、大きな岩が乱立する展望台となっています。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

ハイキングランキング














nice!(1)  コメント(5) 

nice! 1

コメント 5

ローリングウエスト

中央アルプスは宝剣・木曽駒・南駒など殆ど歩きました。目の前に広がる南アルプス全景を俯瞰できるのがが最高ですね!
こちらは熊野古道・伊勢路②(速玉大社・神倉山の巨石・勝浦温泉マグロ解体ショー等)を公開しておりますのでまた遊びに来られてください。

by ローリングウエスト (2019-07-09 08:00) 

ぼの

ローリングウエストさま、
こんばんわ。
木曽駒ヶ岳、結構好きで何度も足を運んでいましたが、
ここのところちょっと遠ざかっていました。
でも、やはりいいですね。
しかしながら、バス、ロープウェイの運賃が上がってしまったのは残念です。まぁ、仕方ないことなんですが…(^^;
by ぼの (2019-07-09 23:18) 

えれぇこった2号

ぼのさん

totoちゃん、3日にロープウェイで木曽駒ケ岳登って宝剣にも行ってたみたいです!!

何処かですれ違ったり、行き帰りのロープーウェイで一緒になってたかも
by えれぇこった2号 (2019-07-10 18:36) 

ぼの

kakaさま、
こんばんわ。
totoさん、3日だったんですね。
残念(>。<)
僕5日だったんです。
でも、所々でニアミスしますねぇ(*^^)v
by ぼの (2019-07-11 23:43) 

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます[わーい(嬉しい顔)]
なんと5日でしたか[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
by えれぇこった2号 (2019-07-14 09:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。