So-net無料ブログ作成

2018.11.29 京都一周トレイル第3ステージ 北山ルート前編 其の一;江文神社から水井山、横高山 [ご当地トレイル]

恐らく2018年最後になるであろう…と「速報」で伝えた京都トレイル第3ステージ。間違いなく2018年度最後のトレイルとなってしまったわけですが…。
本来の計画ではこの秋で京都一周する予定だったのですが、同行の方お住いの地域の地震、そして2度に渡っての大型台風上陸で、かなり遅れてしまいました。
冬が近づいてきたこの時期、漸く第3ステージに突入です。

DSC_0585.JPG

今回歩いてきたのは、比叡山から北の北山ルート。この北山ルート、本来は比叡山から鞍馬までのルートになるのですが、晩秋ということもあり、日照時間が短いため、鞍馬までは無理だろうということで、今回は途中の江文神社で一区切りにしました。更に、比叡山のケーブルが朝9時始発ということで、9時まで待つのは時間が勿体ないとのことで、今回は逆回りで、始点を大原の江文神社。終点を再び比叡山としてスタート。
逆回りのもう一つの理由は、個人的なことですが自分自身比叡山自体が初めてになるため、同行される方の計らいでトレイルルートからちょっとだけ外れて延暦寺周辺散策と、大比叡の山頂に登る計画も盛り入れてくださいました。ありがたいです。

さ、いよいよ京都トレイル、後半戦のスタートです。

と記していますが、比叡山をゴールしてからもう3か月以上経ってしまいました(苦笑)。更新がかなり遅くなってしまい、記憶が定かではないかもしれません(^^ゞ 
もっと早くアップしたかったのですが…。ご勘弁くださいね。

※前回のトレイル、第2ステージの記事はコチラです。
-----------------------------------------


DSC_0563.JPG

この第3ステージ、日照時間の問題でルートを短くして、今回は江文神社がスタート地点。樹木が鬱蒼と茂る雰囲気のいい神社ですが、夜間や、朝早いとちょっと怖いですね(苦笑)。

DSC_0567.JPG

お馴染み、京都一周トレイルの標柱。今回は北山ルートNo.29がらNo.1の標柱に遡ります。

DSC_0570.JPG

さ、第3ステージのスタートです。朝方小雨まじりですが、天気は回復するとのこと。

DSC_0571.JPG

江文神社の石碑の横にトレイルの標柱があります。これがNo.28の標柱。

DSC_0572.JPG

歩いていると木々が紅く染まっています。この辺りは紅葉真っ盛りなのかも。そんな紅葉も楽しみながらのトレイルになりそうですね。

DSC_0573.JPG

陽が昇るにつれ、雲が掃われてきました。いい天気になりそう。
暫く戸寺の町中を歩きます。この集落へは今回のトレイル終了後、バスで再び戻って来る場所です。丁度子供たちの登校時間に重なり、元気な子供たちの姿を見掛けます。

DSC_0577.JPG

集落を抜け、いよいよ山に入ります。

DSC_0578.JPG

靄がいい感じに山に掛かって幻想的。

DSC_0580.JPG

樹林帯の中を歩きます。道はよく整備されて歩きやすいです。どうやら旧街道の趣き。雰囲気はいいです。

DSC_0583.JPG

DSC_0582.JPG

やはりこの道は旧街道でした。「旧若狭街道」の案内板がありました。この街道は日本海で獲れた魚を運ぶ街道としてかつて使われた道だそうで、通称・鯖街道と呼ばれていました。

DSC_0584.JPG

気持ちの良い山の中の街道歩きになるのかな…と思いきや、やはりこちらも一部倒木が。でも、前回の大文字山から比叡山のルートよりは大丈夫。全然歩きやすいです。

DSC_0587.JPG

倒木をいくつか潜り抜け、再び気持ちの良い樹林帯の登山道…いや、旧街道に戻りました。

DSC_0588.JPG

暫く歩を進めると、トレイルの標柱発見。沢に差し掛かりました。

DSC_0589.JPG

沢に掛かった橋を渡ります。鉄製の橋で、結構頑丈そう…。

DSC_0590.JPG

橋を渡ったところから傾斜が一気にきつくなります。さ、ここから本格的な山岳道。急登です(笑)。

DSC_0591.JPG

傾斜がかなりキツイ…。急登を延々と登っていきます。

DSC_0592-1.JPG

下から撮ってもらうと、こんな感じですね(笑)。

DSC_0594.JPG

上から撮ってみました。かなり急な登りが延々と続きます。ここが今日一番の辛い登りかもしれませんね(苦笑)。

DSC_0595.JPG

上まで登り詰めて街道分岐に差し掛かりました。あ~、しんどかった(笑)。ここにトレイルの標柱。漏らさずチェックします。

DSC_0596.JPG

尾根の一段下の整備された道をトラバース。ここも旧街道となるようです。

DSC_0597.JPG

DSC_0598.JPG

仰木峠に到着。京都大原と滋賀仰木を結ぶ峠で、米や物資を牛に積んで運んだ道だそうです。また別名 "嫁入り街道" とも呼ばれていたとか。こんなところをお嫁さんが籠に乗って往来していたとは…。

DSC_0600.JPG

仰木峠から水井山へ向かうため、ここからまた更に上に登ります。今度は階段地獄…(涙)。試練ですね(笑)。

DSC_0601-1.JPG

階段を登り詰め、気持ちの良い林の中を歩いていきます。

DSC_0603.JPG

晩秋の名物、落ち葉の道をサクサクと…と言いたいところですが、雨によって湿っていて音は出ませんでした(苦笑)。

DSC_0609.JPG

水井山(標高794m)に登頂です。山頂からの眺望はありません(笑)。

DSC_0611.JPG

DSC_0617.JPG

この山には三角点がありました。早速恒例の三角点タッチと記念撮影を。

DSC_0618.JPG

眺望はなし…と言いましたが、木々の切れ間から少しだけ近隣の山々を望むことが出来ます。ここからは、これから目指す比叡山が望むことが出来ました。

DSC_0623.JPG

さ、少し休んだら出発です。一旦水井山を下り、次の横高山に向かいます。

DSC_0625.JPG

こちらも結構急な勾配。落ち葉で滑りそう…。注意して下降。

DSC_0626.JPG

木々から葉が全て落ち、地面には落ち葉で埋め尽くされていますね。こういう風景も中々乙なものです(笑)。

DSC_0628.JPG

何度かの登り返しを経て、横高山に到着。お疲れ様です。

DSC_0630.JPG

横高山(標高767m)の山名板。三角点探したのですが、この山には見当たらず。三角点タッチはお預けとなりました。

さぁ、この横高山を下ると、叡山千日回峰行の道を経て、いよいよ本日の大本命。比叡山に入っていきます。比叡山、楽しみですね。

というところで、今回はここまで。この続きは後編でお伝えいたします。ご期待くださいまし。

※後編の記事はコチラ

-----------------------------------------




--本日のトレイルルート(江文神社から横高山)--
06:59 江文神社 発
07:28 大原(戸寺)バス停
07:45 惟喬親王墓
08:51 仰木峠
09:51 水井山
10:17 横高山 着
江文神社⇒横高山 ;5.8km / 3:18

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

街並み巡りランキング

古道・廃道ランキング










nice!(2)  コメント(4) 

nice! 2

コメント 4

えれぇこった2号

ぼのさん
おはようございます[わーい(嬉しい顔)]
京都トレイルは11月の山行だったんですね!

いつかは行きたいと思う京都トレイルてす!
by えれぇこった2号 (2019-03-10 09:24) 

yuko

結構険しい道ですね。
霧が出たりすると、先が見えなくて恐くなりそうって思いながら写真を見てました。
逆にお天気が良いと、木々の間から差し込んでくる陽射しが気持ちいいのかなぁなど。
また新しい登山記事、楽しみにしてます!

by yuko (2019-03-10 11:09) 

ぼの

えれぇこった2号・kakaさま
こんばんわ。
漸く11月末の記事です(苦笑)。
遅くなってしまっています(^^;
もうちょっと早くアップさせないとだめですね(涙)。

京都トレイル、全く山の中ばかりでなく、寺社仏閣や、町並みも散策できるので、結構楽しいですよ。
これが終わったら高島トレイルも検討してみたいです。
by ぼの (2019-03-10 23:37) 

ぼの

yuko さま、
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

さて、今回の山道ですが、それほど険しくはないですが、
かなりアップダウンがきつい道でした。
これがなんと昔街道だったというのですから驚きです。
yukoさんが仰るように霧の中だと遭難しそうですよね。
気を付けないと…。
by ぼの (2019-03-11 00:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。